☆東京音楽大学ピアノ教員によるコンサート☆

こんばんは。

今日は、母校である東京音楽大学にコンサートを聴きに行ってきました。

久々の母校は、校舎も新しくなり内装も素敵に‥☆在校生がうらやましいです!

015

今日は、東京音楽大学のピアノ科・作曲科の教員によるコンサート。

プログラムは、カプースチンからはじまり、ラフマニノフ、バッハ、現代曲‥とそれぞれの先生の「色」がはっきり分かれるものでした。

何よりも楽しみにしていたのは、私の師匠である石井克典先生の演奏!

ベートーヴェンのピアノソナタを演奏されたのですが、まさにブラボー!のひとことでした。

完璧な古典派、完璧なベートーヴェンとはこのような演奏なのだろうと、改めて先生の素晴らしさを実感しました。

とにかく音色が何色もあり、すべての音が心にずしーんとくる感じ。

一瞬の緩みもない、はりつめた緊張感‥素晴らしかったです。

先生は現在、東京音楽大学の准教授ですが、演奏家として国内外でもご活躍中です。

先生のレッスンは、現役の演奏家であるからこそのアドバイスがたくさんあり、いつも勉強・発見させていただいていました。

今日も久々に先生の演奏を聴くことが出来、たくさん刺激をいただきました。

やはりホンモノの音楽に触れるって大事。

私はありがたいことに、現在に至るまで素晴らしい先生ばかりにレッスンをしていただいていたので、

つくづく先生運?に恵まれているのだな~と思いました。これもご縁‥感謝感謝です。

先生によって、生徒の成長は大きく変わってきます。

今は私は教える立場なので、生徒の人生を左右するといっても過言ではないと思っています。

責任を持って、自分が受けてきたような意義のあるレッスンを、生徒にも伝授できるよう、日々努力していきたいですね!

 

Aiピアノ教室@東京/千葉

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − four =