☆本番で力を出し切るには☆

こんばんは。

今日も一日レッスンデイ♪

発表会まであと一週間です。

生徒のみなさんは本当によく頑張っています。

この時期までくると、みなさん曲はだいたい仕上がっているので、

あとは本番までテンションをうまく保つことが重要です。

直前になってくると、いつも弾けているところが弾けなくなってしまったり、緊張のあまり暗譜が飛んでしまったり‥

みなさん経験があると思います。

日が迫ってくるとついネガティブになってしまうんですよね。それが故に演奏にいろいろな支障が出てきてしまう。

私もいまだにすごい緊張体質なので、生徒の気持ちもよーく分かります。

では、本番で力を出し切るにはどうしたら良いか?

私が一番大切だと思うのはやはり、

 

練習で自信をかう。

 

と、いうこと。

練習をたくさんすれば、これだけやったのだから、大丈夫。と、自分に言い聞かせられます。

少しでも不安材料を除くために、直前になればなるほど、ゆっくりな練習・フレーズごとの細かい練習は丁寧にした方が良いでしょう。

あとは、ピアノ以外での練習。これがなかなか効果アリ!です。

電車に乗っている時‥

お風呂に入っている時‥

寝る前‥

などいつでも良いのですが、頭の中で曲を最初から最後まで通してみる。

そうすると、いつも何気なく弾いているところで気になるところが必ず出てきます。

音、指番号などの基本的なことから曲の構成、表現方法‥などなど。意外と意識が薄い部分があるものです。

そういったところがいわゆる危ない場所。もう一度楽譜を丁寧に読みながら練習します。

これを繰り返していくと、だんだん自信が持て、精神的余裕が出てきます。

 

人それぞれやり方は違うかもしれませんが、ひとつの舞台に向けて努力して、試行錯誤を繰り返し、本番で弾いて、それに対して反省して‥ということは、

ピアノだけではなく、人生においてとても勉強になることだと思います。

舞台は緊張しますが、なかなか経験出来ないですし、絶対プラスになるはず!

本番はあくまで通過点でゴールではないので、大切なのは一回一回成長していくこと。

私自身、本番を経験することは、まだまだ毎回勉強だと思っています。

生徒のみなさん、頑張ってくださいね♪

 

Aiピアノ教室@東京/千葉

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + three =