ソピアル演奏会

今日はKSM(ケーエスミュージック)主催のソピアル演奏会でした。

rimg0570

2年に1回開催される、ソピアル演奏会。

出演者は現在KSMに在籍している生徒さんやOB、OGの方々です。

小学生から大人の方まで、楽器もピアノだけではなく、歌やヴァイオリン、フルートなどもあり、

バラエティに富んだ演奏会でした。

KSMは趣味の方もいらっしゃいますが、生徒さんのほとんどが専門的に学ばれているので

演奏会のレベルがとても高く、素晴らしい演奏を聴かせていただき、大変勉強になりました。

rimg0586

私は今回、第4部で出演させていただきました。

曲目はRachmaninovのpreludeより2曲。op23-5、op23-6を演奏いたしました。

初めて舞台で演奏するプログラムで、演奏直前までかなり緊張したおかげで

自分がどんな演奏をしたのかほとんど覚えていません‥(笑)

とにかく演奏中は曲に集中して、ひたすら無心で弾きました。

rimg0584

私がRachmaninov‥という選曲にまず、周りは意外だわ!という反応でしたが

お褒めの言葉をいただき、(たとえお世辞でも)ひとまず安心しました。

rimg0582

終わったあとは、毎回恒例の打ち上げ!待ってました~!(笑)

rimg0577

本番前はいつも禁酒期間を設けるので‥

3週間ぶりのお酒!ビールとワインをたくさん戴きました。

rimg0579

同じテーブルには同門の仲良しさんたち。

みんな小さい頃からずっと一緒に学んできた仲間。

最近はみんな忙しくて、こういう機会にしかなかなか会えないので

積もる話をたくさんして盛り上がりました。楽しかった~!

rimg0576

KSMの門下生はみんな良い子ばかりで本当に仲良し♥

その一員になれて、自分は恵まれているなぁといつも感じます。

 

来月、あすみが丘で一緒にcharity Concertを開催する金沢瑛子ちゃんと。

彼女は今回、裏方で演奏会をサポートしてくれました。

rimg0580

そしてそして!

我が恩師、佐々木恵子先生。

rimg0581

先生のおかげで今の私がいます。

先生はどんな時でもいつもあたたかく見守ってくださって、感謝の一言に尽きます。

同業者の友人たちにも、佐々木先生の門下生であることを、いつも羨ましがられます。

それくらい、素敵で素晴らしい先生です。

 

第1回から出演させていただいているソピアル演奏会。

第1回目の頃は、私はまだ中学生だったと思います。

あの頃は、音大生や大人の方々の演奏を聴いて、

自分もいつかあんな素敵な演奏をしたい。

自分の演奏との違いはなんだろう。

どうしたら、あんな風に弾けるのかな‥

などと考え、憧れていたものでした。

 

でも、大人になった今。

あの頃、強く憧れていた演奏が出来ているかな。とふと思いました。

これからは、自分をさらに高めていくと同時に、

あの頃の私をここまで育ててくださった恩師のように、

自分も優秀な後進たちを育てていけるよう、

さらに勉強を重ねていかなくてはならないんだと改めて思いました。

この音楽の世界で「終わり」というものはなく、

勉強は生きている限り、一生続けていくもの。

それはかなり労力のいることですが、

そんな音楽に出会えた私はとてもとても幸せです。

音楽って本当に素晴らしいものです。

常に目標を持って、これからも邁進していきたいと思います。

 

最後になりましたが、

お忙しい中聴きにいらしてくださったみなさま、

また素敵なお花やプレゼントなどお心遣いをくださったみなさま、

ありがとうございました。

Aiピアノ教室@東京/千葉

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =