段階を踏んだ練習

こんにちは♩

今週はあたたかい春から一転、冬に逆戻りしてしまったような一週間でしたね。
レッスンでも、トイレに駆け込む生徒さんが多かったです…(⌒-⌒; )

さて、4月も中旬になり、夏のコンクールを受ける生徒さんで、早い人は譜読みを終えてきました。

とにかくいまのこの時期は、丁寧に音作りをすることが大切です。

ついつい譜読みが終わり、楽譜通りに弾けるようになると、テンポで弾きたくなる気持ちは分かりますが…

その時期で、やるべきことが違います。

私は、ひとつの曲を完成させるとき、ピラミッドをイメージしてレッスンしています。

いまの時期は、まだ一番下の部分です。
一番面積を占めるこの部分が、音作りの部分だと思います。

この土台がしっかりと出来ていないと、その上は重ねていけません。

理想の音に近づけるために、手や身体の使い方を、一音ずつ、チェックして、音を耳で聴き分けていきます。

とても忍耐が必要な練習ですが、これをやるとやらないでは、仕上がりが変わってきます。

毎日コツコツと、その時期にふさわしい練習を心掛けましょう!

Aiピアノ教室@東京・千葉

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + nineteen =